内定を受諾したけど辞退したい!転職エージェントを利用した私の場合

内定受諾後の辞退 転職活動

私が実際に「転職エージェントを通じて内定をもらった会社を、内定受諾後に辞退したときのこと」をご紹介します。

\ 無料の転職相談に申し込む! /

内定受諾後に辞退しても大丈夫?

内定受諾後、転職エージェントから内定受諾後の注意に関するメールが届きます。もちろんその中には「内定受諾後の辞退はできない」という文面も盛り込まれていました。

本当に内定は辞退できないのかな?

大丈夫!内定受諾後でも内定の辞退はできるのです!

契約期間の定めのない労働契約においては、労働者は2週間の予告期間を置けば、特段の理由を必要とせずに労働契約を一方的に解約できるとされています(民法627条1項)。したがって、内定関係の場合でも、2週間の予告期間を置いたうえで内定辞退をすれば、有効に労働契約を解約できます。この場合、会社に対する損害賠償の義務は生じません。
引用元:弁護士ドットコム

勤務開始日の2週間前までに内定辞退をすれば、内定受諾をしていたとしても辞退することができるのです。

会社側が内定者を引き留めようとして、『内定を辞退した場合には損害賠償を請求する』と脅しにかかる場合ですが、法的には直前の辞退でないかぎり根拠はありません。採用費用、パソコンの用意などの経費は、想定すべき経費であり、損害となりません。

引用元:弁護士ドットコム

また内定辞退によって損害賠償を請求されることもありません。企業さんにも転職エージェントさんにもご迷惑をかけることにはなりますが、内定受諾後も辞退することは可能です。安心して辞退してくださいね。

どうして転職エージェントは内定受諾後の辞退を嫌がるの?

法律的には内定受諾後の辞退が可能であるにも関わらず転職エージェントは「内定受諾後の辞退はできない」というのでしょうか。

求職者が就職することで転職エージェントは報酬を得ることができる

転職エージェントの運営の仕組みにあります。

私達が転職エージェントを無料で利用出来るのは、転職エージェントが企業に求職者を紹介することで報酬を得ているからなのです。その報酬は求職者の3割程度とも言われています。例えばあなたが年収300万で企業に就職すると、転職エージェントには報酬として90万が支払われることになるのです。

この報酬は成功報酬。求職者を企業に紹介するだけでなく、紹介した求職者が企業に就職しなければ報酬を得ることは出来ません。たくさん転職活動を手伝ってようやく内定が出て報酬がもらえると思っていたのに、やっぱり辞めますと簡単に言われては困ってしまうのです。

企業から転職エージェントへの信頼が落ちる

私達が内定受諾を辞退した場合、企業との縁はそこで切れてしまいます。でも、転職エージェントはそれで終わりというわけにはいきません。

内定受諾後の辞退が1人目ならまだしも、2人、3人続けて内定受諾後に辞退する人が出ていたら?

企業から「あの転職エージェントは辞退するような人しか紹介しない!」となり、転職エージェントへの評価が下がってしまいますよね。場合によっては、契約を打ち切られてしまうかもしれません。

だから、転職エージェントは内定受諾後に辞退されるのを非常に嫌がるのです。

内定受諾後に内定を辞退するまで

転職エージェントにもたくさんの事情があり「内定受諾後の辞退はできません」と言っています。

たくさん迷惑をかけてしまうということは十分心に置いた上で内定の辞退を伝えましょうね。

ここでは、私が実際に内定受諾後に内定を辞退したときのやり取りをざっくりとまとめてみました。引き止めにも合いますが気持ちを強く持って対応してくださいね。頭の中でシュミレーションをしておくのも効果的ですよ。

転職エージェントに内定辞退の電話をする

まず担当のエージェントさんに電話で連絡をしました。

しほん
しほん

大変申し訳ありませんが、内定を辞退させていただきたいのですが……

担当のエージェントの上司から引き止められる

担当エージェントさんの上司と思われる方から電話が入り、内定辞退を引き止められます。

不安になるとは思いますが「自分のことを考えて引き止めてくれている」のではなく「転職エージェントの利益のために引き止めている」のです。勘違いしないように気持ちを強く持ちましょう

引き止められ方はそれぞれ違いますが、私は下記のように引き止められました。

  • ○○会社さんはとてもいい企業です
  • 次に転職したいと思っても、年齢のこともありますしもっと条件を落とした企業にしか就職できません
  • 一度転職をしようと決めているので、すぐにまた転職しようと思う瞬間がきますよ
  • 転職したいと考えたことのある人を、会社の人たちは信用しませんよ
  • 将来大きなプロジェクトが決まった時、そんな人をプロジェクトに参加させたいとは思いませんよね
  • 企業様は募集を終了してしまっているので、非常に困っておられます
  • 企業様から損害賠償を請求される可能性があります
  • あなたの代わりに落とされた人たちのことも考えてください

再度、内定辞退の電話をする

翌日もう一度転職エージェントさんに内定辞退の電話をしました。ここからは、内定の辞退に当たって、転職エージェントさんが相手企業に報告をするための手続きが中心です。

  • どのような経緯で内定辞退に至ったのか
  • 企業様に伝えたいことは
  • 企業様より損害賠償を求められた場合また連絡します

内定受諾後の辞退完了

その後は転職エージェントさんからの連絡もなく、無事に辞退することができました。

内定受諾後の辞退|まとめ

内定受諾後の辞退は思っていたよりも時間も手間も、かかり精神的にも辛かったですが、ちゃんと内定を辞退することができました。ここで内定を辞退したことで自分にとって本当によかったと思える転職をすることができました

内定を受諾したのならその企業に就職するのがベストではありますが、転職は自分の一生を決める問題です。内定受諾しちゃったし…と入社するのではなく、「やっぱり違う」と思ったら勇気を出して内定を辞退するのも大切なことだと思いました。

時間が経てば経つほど連絡もしにくくなりますし、余計に迷惑をかけてしまいますよ。もし内定受諾後の辞退で悩んでいるのなら、なるべく早く連絡をするようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました