プログラミングスクールは無料or有料どっちが良いの?|その仕組みとは

無料or有料 プログラミングスクールとは

プログラミングスクールには無料のものと有料のものがあります。どちらのほうがいいのでしょうか。

もちろん無料のほうがいいよね!でもなんで無料なのかな?デメリットは?

でも無料のプログラミングスクールには転職活動時の条件や受講条件が厳しいことも…。自分にあったプログラミングスクールを選ぶことが大切です。

\ 無料の転職相談に申し込む! /

無料のプログラミングスクールとは

無料のプログラミングスクールはどういう仕組で運営されて、どんなメリットがあるのでしょうか。

無料プログラミングスクールの仕組みとは

無料のプラグラミングスクールはどのように運営をしているのでしょうか。

まずはこの図を見てください。

無料スクール 仕組み

プログラミングスクールの受講生がプログラミングスクールから紹介された企業に就職すると、企業からプログラミングスクールにお金が支払われます。このお金でプログラミングスクールは運営されているのです。

しほん
しほん

簡単に言うと「タダで勉強させてあげるから、うちが紹介する企業に入ってね」ということ。

「勉強だけしたい」はNGなんだね!

もし受講生がプログラミングスクールは利用するけど企業に就職しないとなると、プログラミングスクールは受講生を育てる費用はかかるのに、企業からお金をもらえず運営出来なくなってしまうのです。

無料スクール 仕組み

だから無料のプログラミングスクールは厳しく条件を付けて「必ず就職する人だけ」にサービスを提供してます。そのため、

  • 既に退職日が決まっている人のみ受講可
  • 転職サービスの利用禁止
  • 紹介企業にはすべて応募
  • 内定の決まった企業にはどんな企業でも必ず就職

といいうように、受講生が絶対にプログラミングスクール経由で就職をするよう厳しい条件が付いているのです。

無料プログラミングスクールのメリットとは

「未経験をエンジニアとして就職させる」ためのノウハウをたくさん持っているのがこの無料プログラミングスクールです。受講生に就職してもらわないと自分たちの利益にならないのでスクール側も必死です。

転職しやすいプログラミング言語に特化した学習内容や、成果物と呼ばれる課題作成。また履歴書の添削や模擬面接など、転職のサポートも手厚く、就職率がほぼ100%というスクールも存在するくらい。勉強と並行して転職活動が進められるので効率よく転職をすることができます。

プログラミングスクールを受講後の転職活動時に「思ってたのと違った!やっぱりエンジニアになりたくない!」なんていうミスマッチを防ぐため、事前の個別説明ではエンジニアになるメリットだけでなく、デメリットもしっかりと説明をしてもらえます。

「絶対にエンジニアになるんだ!」という強い気持ちがあるなら、無料プログラミングスクールがおすすめです。

無料のプログラミングスクールのデメリットとは

先程もご紹介したとおり無料のプログラミングスクールを受講すると「絶対にプログラミングスクールの紹介で転職」しなければなりません。受講を終えて「やっぱりエンジニア向いていないかも」「紹介してもらった企業がイマイチ」と思っても「やっぱり転職しません」ということは出来ないのです。

もし「プログラミングに向いているのかわからない」「別の業界にも興味がある」というなら、有料のプログラミングスクールを検討したほうがいいかもしれません。

有料のプログラミングスクールとは

反対に有料のプログラミングスクールはどういう仕組で運営されて、どんなメリットがあるのでしょうか。

有料プログラミングスクールの仕組みとは

有料プログラミングスクールの仕組みは至ってシンプル!受講生がお金を支払い、プログラミングスクールが受講生に学習支援を行います。

しほん
しほん

スクールと言うと難しく感じますが、ピアノや習字などの習い事と全く同じシステムです。

有料スクール 仕組み

有料のプログラミングスクールのお客様は私達「受講生」。受講生確保のために、事実以上に「エンジニア」を良く見せようとするスクールのあるので注意が必要です。スクールが紹介している年収や待遇が未経験エンジニアの実態と違うことも…。

有料プログラミングスクールのメリットとは

その分お客様である「受講生」のため、独自のサービスやサポートが充実しているスクールも多いのです。例えば

  • 仕事をしながら受講が出来るカリキュラム
  • 完全オンラインレッスン
  • 多様なプログラミング言語への対応
  • 幅広い受講可能時間
  • プログラミングに最適なパソコンの貸出し

など。詳細は各プログラミングスクールのホームページで確認してみてくださいね。

有料のプログラミングスクールのデメリットとは

有料プログラミングスクールはプログラミングの習得を重視しているのでその後の転職のサポートがなかったり、弱かったりという場合が多いのです。勉強はプログラミングスクールを使いながら、転職活動は自分で進めていかなくてはなりません。

また受講生の興味を重視した受講内容やプログラミング言語が多いので、企業からの需要が少なく「せっかく勉強したのに転職先がない!」ということにもなりかねません。例えば今流行りのプログラミング言語「Ruby」。受講生からの人気は高いのですが、Rubyを使った開発をしている企業が少ないため転職には向いていないのです。事前に企業からはどんなプログラミング言語や技能が求められているのかをリサーチしてから受講する必要があります。

いいとこ取りのキャッシュバック対応スクール

無料・有料の他にも、今注目されているのが「キャッシュバック制度」のあるプログラミングスクール。有料のプログラミングスクールを同等のサービスを受けつつ、転職に成功すれば受講料を返金してもらえるのです。

キャッシュバック対応スクールの仕組みとは

有料のプログラミングスクールと同じく、お金を払って受講をするけれど、プログラミングスクールからの紹介で転職すると全額返金されるというシステムです。

キャッシュバック 仕組み

もしプログラミングスクールを受講しエンジニアになりたいとおもったらプログラミングスクールの転職支援を受けることができます。このとき、企業からプログラミングスクールにお金が入るので、転職に成功した受講生に受講料をキャッシュバックできるのです。

キャッシュバック 仕組み

まさに無料スクールと有料スクールのいいとこどり!なんだね!

キャッシュバック対応スクールのメリットとは

キャッシュバックと言いつつも基本は有料のプログラミングスクール。有料のプログラミングスクールならではの質の高いサービスやサポートが受けられます。転職しやすいプログラミング言語や技術にしぼった転職を見据えたカリキュラムも魅力的。

転職するもしないも自分次第。無理やり納得行かない企業に就職させられるということもなく、自分のペースで自分に合った企業を選んで応募することができます。

「転職したいと考えているものの、プログラミングの経験がなく、本当にエンジニアに向いているのか不安」という人には特におすすめです。

キャッシュバック対応スクールのデメリットとは

転職しなければキャッシュバックなし!というのが1番のデメリット。受講するの中でやっぱり転職はやめよう…となれば、受講料は返ってきません。

しほん
しほん

実質無料と考えるより、成功したらお祝い金!という考え方のほうがいいのかも…。

おすすめのキャッシュバック対応スクールとは

私がおすすめするのはCodeCampGATE(コードキャンプゲート)。CodeCampという現役のエンジニアさんがレッスンをしてくれる完全オンラインのプログラミングスクールが運営している「未経験でエンジニア転職を目指す人のためのプログラム」なのです。

しほん
しほん

実は私もCodeCampGATEの元受講生。2ヶ月間レッスンを受け、無事内定が決まりました!

偽りなしの本気口コミ決定版!CodeCampGATEの2ヶ月を終えて」も参考になさってくださいね。

プログラミングスクールの仕組み|まとめ

大きく「無料」「有料」「キャッシュバック」の3つに分けてご紹介しました。

「無料」「有料」「キャッシュバック」にもそれぞれメリットとデメリットがあります。自分の目的に合ったプログラミングスクールを選ぶようにしましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました